緊急の対応・防災情報

火災発生時三箇条

1.早く知らせる

  1. 119番へ通報する
  2. 大きな声で近所の人に知らせる
  3. 声が出ないときは、バケツなど音の出るものを叩いて知らせる

2.早く消す

  1. 消火器、水バケツを使用して、初期消火を行う
  2. 決して無理をせず、逃げ道を確保する

3.早く逃げる

  1. 火よりも煙がこわい。煙にまかれる前に逃げる
  2. 煙の中を逃げるときは、姿勢を低くして、タオルなどで口や鼻を押さえて逃げる
  3. 逃げたら、物を取りに戻らない

火災が発生したら、落ちついて次の要領(例)で消防局へ通報してください。

(電話)119にかける 
「火事です」
「○○町の○○番地の家です」(住所を伝える)
「○○小学校の東△△メートルです」(目標を伝える)

救急活動

救急車は、主に次のような事故に出動します

  1. 火事・台風や交通事故などで、けが人、病人がでたとき
  2. 映画館や、デパートなどみんなが出入りする場所で、けが人がでたとき
  3. 家庭で病人や、けが人がでたとき病院へ早く運ばなければならないが、運ぶ方法がないとき

救急車を呼ぶときは、落ちついて次の要領(例)で消防局へ通報してください。

(電話)119にかける
「救急です」
「○○町の○○番地です」(住所を伝える)
「○○小学校の東△△メートルです」(目標を伝える)
・誰がどうした(内容を具体的に)
・ケガの理由、発病の状態
・今の状態(見たままの状態を話す)
・ケガ人、病人がたくさんいればそれを話す
・いま、かけている電話番号

地震時の対応

  • 地震が起きたら、まず、火の始末をしましょう
  • あわてて外に飛びださないでください
  • 戸を開けて非常出口を確保してください
  • 正確な情報をキャッチしてください
  • 避難するときは、持ち物を最小限にして、徒歩で安全な経路(狭い路地、建物や看板の下、塀、崖、河川等には近寄らない)を通ってください

台風に備えて

  • 鹿屋市は夏から秋にかけて台風が接近し、大きな被害を与えることがあります。
  • 台風が近づいたら、テレビやラジオの気象情報に注意し、避難場所を確認しておきましょう。(避難場所については、近所の人におたずねください)
  • 停電に備え、懐中電灯やトランジスタラジオなどを用意する
  • 建物の補強は大丈夫か、もう一度確認する。(特に、窓や出入り口)
  • パンや缶詰など、非常食料を準備する
  • 貴重品はまとめておく
  • 水筒や適当な容器に水やお湯をためておく
  • 医薬品などを用意しておく

大雨に備えて

  • 家の周りの排水路、側溝などの水はけをよくする
  • 宅地の背後に大きながけがあるときには、もう―度がけの状態を見直し、崩れそうな土砂を取り除いておく
  • 崩れそうながけ地に繁茂している大きな樹木は、校や幹を切り落しておく。(風にゆさぶられると地盤がゆるむ)
  • がけの上端の地盤の割れ目の補修、割れ目から多量の雨水が地中に入らないように、小さい割石でよく突きかためてから、がけの部分から割れ目の部分を含めてモルタル等で覆う。