在住外国人の声:ALT アンニャ インタビュー

アンニャ ボイル さん
鹿屋市ALT(外国語指導助手)

  鹿屋市に住んでいると、街を歩く外国人をよく見かけるかもしれません。

でも、町を歩く外国人と直接話をした経験はなかなかないのではないでしょうか。

身近に住んでいる外国人の話を他の人から聞くことはあるかもしれませんが、今回は外国人の方々の生を声を皆様にお届けしようと思います。

このインタビューを読んだ後、もし、外国人のみなさんに興味があれば、ぜひ話しかけてあげてください。

出身地、勤務先について教えていただけないですか。
アメリカのコロラド州から来ました。
鹿屋東中、高須中、寿北小、寿小、笠野原小、高須小と浜田小で英語を教えています。
 

日本に来るきっかけは何でしたか。
大学で日本史を勉強したことがあって、直接、日本の文化や歴史を学びたいと思いました。
 

時間があるときはどのように過ごしていますか。
私はどっちかというとインドア派なので、
一人で映画を見たり本を読んだりすることが多いです。
週末に、鹿児島市や福岡市や県内の色々なところを探検するなど
小旅行をすることも好きです。
 

鹿屋に住んでみて、鹿屋の一番いいところはどんなところだと思いますか。
一番いいところは、鹿屋の“人”そのものだと思います。
鹿屋の人たちはとても人懐こいし、何でも手伝ってくださいますし、
外国人をいつも歓迎してくださいます。
 

反対に、鹿屋市の生活で不便なところは?
一番不便なことは、鹿屋市の大きさです。あくまでも個人の好みです。
故郷のアメリカの町はけっこう大きくて、
都会生活のほうがカントリーサイドな生活より好きです。
鹿屋は好きじゃないというわけじゃないですが、ただ都会のほうが好きです。
 

鹿屋で一番お気に入りのスポット、お店、レストランを教えていだけませんか?
実をいうと、あまり出歩かないのですが、
今まで食べに言ったお店は、基本的においしいと思いました。
イタリア料理が大好物なので、生パスタ食堂 Solo Solo と
デラセーラなどが好きです。また、居酒屋も好きです。
 

日本への滞在は初めての体験だったと思いますが、
日本で生活してみて驚いたところはありますか。
はい、鹿屋は私にとって初めての日本滞在です。
何にびっくりしたかというと、私がお箸を使えることに周りの日本人が驚いたことでした。
後は、私が日本料理を食べたことがあることに
日本人がびっくりしていたことに、びっくりしました。
私の日本への理解に日本人を驚かせたということに、私は驚きました。
 

日本の生活で慣れないところはありますか。
ATMが19:30に終わるすることにまだ慣れていないです。ちょっと不便だと思います。
 

日本以外は、海外に住んだことがありますか?
父はアメリカ空軍だったので、私はドイツで生まれました。
でも、生まれてから3ヶ月カリフォルニアに引っ越したので、
ドイツのことは何も覚えていないです。
 

アメリカ生活の一番懐かしいことは?
実をいうと、食べ物です。
特に、メキシコ料理とおいしいサンドイッチが懐かしいです。
 

アメリカと日本を比べて、一番の文化の違いは何だと思いますか?
私からみて、一番目立つ文化の違いは日本の集団意識とアメリカの個人意識です。
日本では、だいたい集団の利益を考えて行動しますが、
アメリカでは個人の利益を考えて行動をすると思います。
アメリカ人はだいたい自分のことを最初に強調して、
自分への効果とか自分の利益を考えると思います。
日本では、その逆だと気づきました。
「みんなにとって、どうやってよりよくできるか」という考え方だと思います。
基本的な考え方は異っていますね。

 

アメリカの人々は、日本の文化から吸収できるところはあると思いますか。
アメリカ人は日本社会を見習って、もうちょっと我慢強く、礼儀正しく、
そして自分のことばかり強調しなければいいと思います。
 

逆に、日本はアメリカの文化から何を学ぶことができると思いますか。
日本は社会として、独自の手段で発展してきたと思うので、
この質問にはあまりうまく答えられないです。
でも、きっと、個人レベルではアメリカから見習えることがたくさんあると思います。
でも基本的に、日本は社会の作り方をよく理解していると思います。
ただ1つあるとすれば、外国の人と話すとき、もっとストレートに話せばいいと思います。
でも、曖昧な話し方は日本の文化に関係する非常に根深いところから来ると思いますので、日本の人々がいきなりストレートに話すことができるようになるとは思えません。
 

鹿屋に来てから挑戦してみた活動について教えてください。
月に一回ぐらい他のALTと一緒にクッキングサロンに通っていて、とても楽しいです。
私たちALTは実際にその料理をあまり作っていないけど、
楽しい経験で、日本の本格家庭料理にトライするチャンスです。
書道も何回か挑戦してみたんですが、まだまだですね (笑)。
 

鹿屋にいるあいだ、もっと経験したいことはありますか
鹿児島県内のお寺や神社をもっと見に行きたいです。
いくつか見ていますが、鹿屋周辺のはまだです。
神社は日本文化が表現されたの美しい建造物で、参拝すると心が休まります。
 

アンニャについて鹿屋市民がまだ分からないことを1つ教えてくれませんか?
英語だけではなく、オランダ語もスペイン語もできます。
それと、思ったより日本語は話せないです (笑)。
 

最後にこれを読んでくださっているみなさんに伝えたいことはありますか。
世界についてもっと学びたいなら、世界を旅すればいいと思います!
自分と違う生活や人生経験の一番いい探し方だと思うし、
それ以外でも旅行はとても有益なことに溢れていると思います!
 

国際交流員デイヴィッド より
私はアンニャと話す機会があまりなくて、ドイツで生まれたことに驚き、
また、国内外を問わず旅行をすることが好きということも知ることができました。
特にこのごろは私自身も、自分が慣れ親しんだところ以外での
貴重な経験を積むことがとても大切だと考えています。
そういう意味では旅行は良い手段になると思います。
残念ながらアンニャはアメリカで勉強を続けるため、今年8月で帰国します。
彼女がここにいる間、彼女と旅行についてぜひ話をしてみてくださいね!


イベント

 
 


 
〒893-8501
鹿児島県鹿屋市共栄町20-1 ( 鹿屋市役所3階 地域活力推進課内 )
TEL : 0994-43-2111 (内線3394) FAX : 0994-42-2001
EMAIL : info@kiea.ne.jp
Skype : kiea1997
Copyright 2007KIEA All Rights Reserved.